TAKI KENSETSU

建築事例 WORKS DETAIL

好きなカフェの雰囲気を楽しむ家

「打ち合わせを始める際に真っ先にしたこと、それはお気に入りのカフェに社長を連れて行くことでした」とお施主様。「便利さは二の次。自分たちがホッとできる空間を」が要望でした。少し古びた風合いの床、なめらかなのに微妙な陰影を映す塗り壁、そして位置やサイズをセンチ単位で決めたニッチ。カフェや雑誌で目にした素材、アイデアが、何より大切にした、ゆるりとした居心地を生みだしている。

ROUGH SKETCH

お施主様の声

展示場を見に行ったり、いい土地ないかなと探しているうちにだんだんその気になって。本屋で住宅雑誌コーナーに行くことが自然に増えてきました。その後、イメージが実現しそうな2社に絞って検討しました。決め手は、最初に提出してくれた手描きの図面のあたたかみ。池田の森アトリエの雰囲気も気に入りました。瀧さんが意見を尊重してくれたこともうれしかったです。プロからみれば、なぜ?という事もあったと思いますが、いつも臨機応変に対応してくれて安心してお任せできました。

PAGE TOP