TAKI KENSETSU

建築事例 WORKS DETAIL

家族のセンスに彩られていく白いキャンバスのような家

和とも洋ともとれる、すっきりとした佇まいが、住むほどに家族の色に染まっていく。娘を思うパパママの気持ちと住み手を思うつくり手の気持ちがちょうどよく調和して生まれた、子ども想いの楽しい家。緑豊かな庭の玄関を開くと、心地よく折れ曲がった廊下につながる。居間に入るとお子様の育成に使われてる黒板を中心に、無垢材の手作り家具に雰囲気よく絵本や雑貨がならべられ、温かく楽しく家族室でのくつろぎの時間を過ごせる。

ROUGH SKETCH

お施主様の声

お施主様が見つけた土地は、四方を他の家で囲まれた住宅地の一番奥。日照や風通しが気になる場所だったが、「土地を買う前に瀧さんに相談したら、うまく設計してくれた。おかげで全然問題なかったです」と。南面に開いた庭から光や風を取り込むこの家に、住宅地の窮屈さは全く感じられない。富士市に住んでいたので、代表の瀧さんが静岡市から足繁く訪れて打ち合わせを重ねてくれたため、距離感は特に感じなかったという。

PAGE TOP